エギングの基本テクニックはこれ!

エギングのポイントはここだ!

エギングの釣り場マップ
アオリイカを狙うなら、1.防波堤2.砂浜3.磯で釣ることができる。

防波堤からのエギング

防波堤画像

エントリーしやすくもっともポピュラーなのが防波堤。

スミ跡防波堤のポイント探しで便利なのが墨跡があるところ。墨跡を探してそこでやるのが無難である。

他、防波堤のポイントとしてあげられるのが街灯漁船ミオ筋海草である。

街灯は夜のエギングのベストスポットで、光にベイトフィッシュが寄せ集められそれを狙ってアオリイカも集まるということ。

漁船は隠れ場所になりやすいのでとりあえず探ってみると良い。漁船画像

ミオ筋であるが船が座礁しないように浚渫された深い場所で回遊スポットになる。かなり漁港の中までミオ筋が入っているのでこんなに奥で?っていう場所でもでかいイカが釣れる。

海草は春の親イカが産卵する場所でいい海草がたくさん生えているエリアには大きなイカがストックされやすい。春は必ずチェックしたい場所。

砂浜のエギング

意外なところで砂浜は夜のエギングで実績の高い場所である。
遠投して防波堤のように底を取りつつ攻めればよい。急深になっている浜のほうが実績は高い。ポイントとしては砂浜でも根の入ったところのほうが良いということ。

磯でのエギング

磯画像磯はプレッシャーが低く、すれていないイカが狙えるので釣果を伸ばしたい時などは磯へ行ってみるのもよい。
ただし、スパイクの付いた長靴が必要で万が一のことを考えてフローティングベストを着用することが必須となる。
防波堤でも出来ればフローティングベストは着ておいたほうが良い。

あまり教えたくないがエギングの場所選びのコツをひとつ教えておくとイカもフィッシュイーターなので他の釣りと同じようにすればポイントは見えてくるということ。フィッシュイーターはシャローにエサを追い詰める。潮通しのこと考えて堤防の先端ばかり行きたがるがはっきり言って見落としているのが底の見えるような場所。マズメの時などはこんな場所で?ってところでキロオーバーが釣れる。

エギング基本テクニック

method
この絵を見てもらえればどういう風に動かしているかがわかると思うが、とりあえず2段シャクリは覚えておいた方がいいだろう。シャクリというのは竿をすばやくあおってエギを大きく動かす動作のこと。

私の場合は3段・4段と無駄にたくさんしゃくってしまってるけど2段でいいようだ。

理由は1段目でエギの向きを前に向け、2段目で上に跳ね上げる力を与えるからこの2段で大きくエギを跳ね上げさせることが出来るわけだ。

ただ、1段でも多少は跳ね上がるし、3段4段やってトリッキーなことしたほうがアピールできたりしてその場その場での臨機応変な誘い方を探ることが重要だ。

大きいイカはあまり大きなダートを好まずゆったりダートが良いとか見えイカの場合は竿先でシェイクさせると良いとか色々あるけど全部定説なだけで正解では無い。

下手に思考を固めると釣れなくなるので気をつけてください。

自分はでかいイカほどアピールさせてやる方がいいと思っているのでいつでもバイオレンスジャーク。逆に小さなイカはびっくりして逃げるので大きなのから釣れると思っている。

シャクリのコツは一瞬だけ力を入れること。エギに一瞬だけエネルギーを注入する感じで、ムチでしばく感じに似ている。エギを引っ張ってる用な感じでは上手くダートしない。重要なのは糸ふけを作ること。一瞬ピンとなってその後すぐに糸がたるむようなジャークが出来ればいい動きになる。

イカが乗るのはフォール中かボトムステイ、平行移動中が多い

ジャークが重要という風に書いてきたがジャーク中に乗ることは殆ど無い。よほど高活性で群れていてエサを奪い合う状況だとジャーク中でも構わず襲ってくるが普通はジャーク後のフォールで乗る。

ジャークは誘いであり、アオリイカに弱ったベイトの存在を知らせる役割がある。エギに気づいたイカはフォールしていくエギを捕まえに来る。活性が低い時などはフォール中でも追いかけてくるだけで乗らず、しばらくボトムステイさせておくとゆっくり抱いてくることもある。

大事なのは違和感なく抱かせるナチュラルなフォール姿勢。ラインのテンションを上手くかけてスムーズにカーブフォールやフリーフォールさせて食わせのタイミングを与える。

何故ジャークが必要か?

エギングと言えばジャーク。何故タダ巻きでは無くジャークが良いのか?それはアオリイカの習性を利用しているからだ。アオリイカを飼育している水族館のスタッフの話によるとエサの活きアジを水槽に入れると最初はパニックになったアジにアオリイカが次々と襲い掛かるのだが時間が経ってアジが静かになると全く襲わなくなるとのこと。お腹が減っていないわけではなく、試しに新しい活きアジを追加するとまたパニックが発生した瞬間にイカが襲い始めたとのことである。そう、アオリイカはエサがパニック状態の時に食生のスイッチが入って急にエサを食べるということなのである。だからエギはパニックになったエサをイメージしてダートさせるのが正解なのだ。

エギングのアタリとあわせ方

アオリイカのアタリというのは繊細であったり豪快であったりする。

重要なのはラインでアタリを取るということ。これが取れると釣果は倍増する。

一番わかりやすいのが竿まで引きずりこまれるようなバイト。持っていかれるので誰にでもわかる。竿を立てて巻けばすでにかかっているということが多いが巨大なイカの場合、ボディーをつかんだままカンナにかからない時があるなのであわせは思い切り入れておいた方がばらさない(以前合わせが効かず皮しかかかってないのに強引なやりとりをしてデカイのに逃げられた事がある)。

イカパンチ系のアタリの場合はラインがはじかれたようになる。ラインを張っていれば竿先に伝わってくる場合もある。ただバイトは浅く腕1本だったりする。なので思い切り合わせると身が切れて足だけゲットということになる。これがわかれば一人前。

あたりがない系のアタリ。ボトムステイや暗くなってからのエギングなどではアタリが全くわからないことも多い。こういうときは少し引っ張ってみてかかっているか確かめるといい。乗っていると重い。違和感を感じたイカに逃げられそうだがイカは一度抱くと中々エギを離さないもので聞き合わせぐらいではまず離さない。

エギングのテクニックは映像で学べ

エギングテクニック基本の話を書いてきましたが結局エギングのテクニックはこうやって活字で書いても全く伝わらないので映像でご覧ください。

↓エギング界の重鎮、エバーグリーンスタッフ・重見さんのエギングテクニックです。

スラックジャーク解説動画へ(youtube)

重見さんはスラックジャークという、ラインの糸ふけを使った力を使わないシャクリでエギをあまり移動させず細かく動かして釣っているよう。人それぞれ釣り方が違って当たり前。自分にあった釣り方で釣るのが一番。

エギングのコツ

エギングにコツがあるとしたら底を取れるかどうか?というところだと思う。昼間から浮いている状況は相当いい時くらい。底を狙ったほうが簡単である。

底がわからないという人はディープタイプと呼ばれるタイプのエギを使用するとわかりやすい。

ただ、釣れるときは底を取る必要は無いと思う。

私のいつも行っている伊豆方面は軽く投げると水深20メートルの場所なので沈むまでに1分半くらいかかる。

めんどくさい・・・。

だから30秒くらいでしゃくり始める。潮流の関係もあるけどおそらく10メートルくらいしか沈んでいなかったと思う。

それでもこの釣り方で周りに圧勝したこともあるので時と場合によっては底をとらなくてもいいと言うことだ。重要なのはイカに気付かせて、フォールで抱かせるというイメージを持つこと。繊細なアタリが取れればいいけどわからなくてもしゃくった時に抱いていれば針にかかる。

エギングは釣って楽しく、食べて美味しいという本当に最高の釣りなので是非挑戦して欲しい。

 -テクニック, 攻略法

  関連記事

ライトエギングイメージ

誰でも釣れるライトエギングの基礎知識

誰にでも釣れるお手軽なエギング、それこそがライトエギング! 新しいスタイルのエギング。ライトエギング

レッドモンスター

超巨大イカを狙う方法

今年こそは超巨大サイズのアオリイカを釣りたいと考えているのだがここで超巨大(3キロオーバー)のアオリ

ティップランのエギ

ボートでエギング!「ティップラン」入門

ティップランエギングとは 関東の船でのアオリイカ釣りというと長い竿に10号前後の中オモリを使用してエ

アオリイカの画像

アオリイカの習性とエギングについて

エギングでアオリイカを狙うならアオリイカのことをもっとよく知っておかなければならないということでこの

秋イカイメージ

秋のエギング攻略法

秋シーズンのエギングで楽しみなのが新子の数釣りだ。 このページでは新子の攻略法を少し書いてみることに

春イカイメージ

春のエギング攻略

春はエギングのシーズンの中ではスポーニングと呼ばれる産卵期であり、産卵を控えた大型のイカが狙いやすい

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

エギング用語集
秋イカイメージ
秋のエギング攻略法

秋シーズンのエギングで楽しみなのが新子の数釣りだ。 このページでは新子の攻略法を少し書いてみることに

エギングタックル
エギングタックルの基本知識について

アオリイカをエギという疑似餌で狙うエギングに使うタックルについての基本的な知識をまとめたページ。 ロ

レッドモンスター
超巨大イカを狙う方法

今年こそは超巨大サイズのアオリイカを釣りたいと考えているのだがここで超巨大(3キロオーバー)のアオリ

春イカイメージ
春のエギング攻略

春はエギングのシーズンの中ではスポーニングと呼ばれる産卵期であり、産卵を控えた大型のイカが狙いやすい

AfOFL3uCQAIcoiH
もっと「釣れる」エギに改造!エギのチューニングについて

エギはそのまま使ってもいいのだが、場所によっては根掛りが多かったり、潮が速くて底まで沈められなかった

アオリイカの画像
アオリイカの習性とエギングについて

エギングでアオリイカを狙うならアオリイカのことをもっとよく知っておかなければならないということでこの