アオリイカのタックル・エギ・テクニックなどを詳しく解説しています。

エギングの基本知識と攻略法[feat.釣活]

タックル

エギングタックルの基本知識について

更新日:

エギングタックル

アオリイカをエギという疑似餌で狙うエギングに使うタックルについての基本的な知識をまとめたページ。

ロッドやリール、ラインといったエギングに使うタックルはどのようなタックルが良いのか?

このサイトではそういったエギングタックルについての基礎的な情報をまとめてあるので、これからエギングタックルを揃えようと考えている方は参考にしていただければ幸いだ。

竿やリール、ラインなどそれぞれ必要なタックルについて詳しく書いたページ

エギングコラム
エギングは日本古来のルアーフィッシングであり木片を削って作った漁具としてのエギがルーツ。

このような漁師の漁具だったエギは4.5号位ある巨大サイズが一般的。動かし方は糸をゆるめたり張ったりしながら表層を泳がせるだけの釣り方。

基本的に漁具としてのエギングではタックルは糸とエギだけでよかった。小舟を流しながら糸を手繰るだけで釣れるからである。

今でも年配の漁師はこのやり方で沢山のアオリイカを上げているので進化したエギングは必要ないのかもしれない。4.5号のエギを投げることの出来る竿があれば岸からでもこの漁具の釣りは通用して表層から2メートル付近をゆっくり巻くだけで釣ることが可能。

エギの作り方は非常にアバウトで作る人次第。形は一つづつ違い、同じものはひとつもない。塗装はペンキで目はマチ針。重要なのはゆっくりとゆらゆら左右に揺れるように泳ぐかどうか。市販のエギではこの動きが表現できない。

本当に漁としてアオリイカを釣ってみたいという人にはこのような手作りのエギをおすすめする。

当然釣りとしての面白さは断然システマチックに進化したエギングが上である。

-タックル

Copyright© エギングの基本知識と攻略法[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.