アオリイカのタックル・エギ・テクニックなどを詳しく解説しています。

エギングの基本知識と攻略法[feat.釣活]

タックル

釣れるエギの選び方の基本

更新日:

エギで釣れたイカ

アオリイカを釣るために開発されたルアーがエギであるがどんな色が良いのか?どんな形がいいのか?重さは何を基準にすればいいのか?など様々なポイントがある。このページではそんなエギの選び方を紹介していく。

エギのサイズ選び

大きさは3.5号というサイズが基準

これを基準にして、イカのサイズやベイトのサイズなどを考慮し、大きくしてみたり小さくしてみたりする。

春イカは大きくなるので4号位がちょうどいい位になる。

逆に秋イカは小さいので3号とか2.5号とかを使って遊ぶことも出来る。

コロッケサイズでも3.5号で全然食ってくるから俺の場合は小さいのはいらないけど。

エギの重さ

次に迷うのがブリーデンのエギマルというエギでいうとシャロー・Fタイプ・ディープタイプなどのタイプ。

エギ王QではQ浅とかQ速とかのタイプ。

これは重さの違いのことで沈む速度が変わってくる。

シャロータイプやQ浅は軽くて沈むのが遅いので浅いエリアを攻めるときとか藻場の上を引くときとかに非常に有効。

見えイカもじっくり攻めることが出来る。

それと逆がディープとかQ速。

深い場所を狙うときや潮の流れが速いときに活躍する。

ただ、少々テクニックが必要で普通には抱いてこない(竿で沈降速度を調整する)のでディープタイプは上級者向き。

エギのカラー

エギの色はピンクオレンジ

下地の色はマーブル

これだけあれば基本的にどこでも対処できる。

赤テープとか黒テープとかのキワモノがかなり出回っているが、これは激スレエリアで普通の色で反応しなくなったイカを狙うためのエギなので基本的に普通の状態のイカを狙う場合はピンクかオレンジの金か銀かマーブルだけ持っていればいい。(近年エギングがポピュラーになり激スレエリアが拡大したため赤テープはすでに一般的に使用されるようになっている)。

あまり同じ場所で同じエギばかり投げているとイカが飽きてくるのでカラーローテーションのバリエーションがあったほうが数は増やせる。

晴れてて水質がクリアな時はボディーが透明のモデルに激乗りする時があるのでクリアカラーも持っておいたほうがいいと思う。

コラム:何故エギは布が巻かれているのか?

エギには布が巻かれているのが普通。ただエギング初心者からしてみると何故布が必要なのか?と思う人がいるかもしれない。これはイカの吸盤には非常に小さな爪が生えており布だとその爪が引っかかりやすく上手くヒットさせることが出来るからなのである。同じ吸盤を持つ生き物であるタコには爪が存在せずタコエギは基本的に布が巻かれていないのはこのためである。

オススメのエギ

以下にあげるような正統派のメーカーが作ったちゃんとしたエギであれば大体問題ない。

初心者がまず買うなら、「アオリQ」と「エギ王Q」のどちらかを買えば良かった、昔は。ただ、今は各社から非常に高性能なエギが発売されており一概にアオリQやエギ王Qが釣れるエギと言い切れなくなっている。(メーカーの戦略かやたらと新製品が乱発されて定番品がよくわからなくなってしまっているのもよくないと思う。でも廃盤品がワゴンで激安なのでそれは嬉しいが。)

ただ、最初は同じ種類のエギで色とサイズ別に種類を集めるのが基本で、エギの達人曰くエギの特徴を知り尽くせば自在に操ることが出来るとのことなので1種類を使い倒すことで上達することが出来ると思う。私も初心者のころは9割くらいアオリQを投げていた。(それしか持ってなかったんだけど…)

アオリQはエギ王Qより少しだけ沈む速度がゆっくりなので浅場を攻める春の釣りに強い気がする。エギ王Qで手返しよく攻めるのが私のやり方。

q
アオリーQ RS
icon
アオリQは必須。エギの基本にして王道。長年使い続けるファンが多いエギ。形は色々とでているがどのモデルも基本的に安心して使えるエギ。
ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q
エギ王 Q LIVE
icon
水の中で温度の上がる布が使われたエギ。メーカーいわく魚が逃げる際に温度が上がるらしいが確かに釣れる。エギ王Qは老舗中の老舗なので信頼度は抜群。

ハリミツ 墨族
icon
バランスがいいので自然なフォールが出来るイメージのエギ。日本海ではこれ。このエギもファンの多い良く売れるエギ。

ダートマックス
icon
中層でダートさせたい時。イカが浮いてると感じた時に水平にダートするこのエギの出番。

エバーグリーン(EVERGREEN) エギ番長
icon
エギング界の重鎮、重見さんが使っているエギはこのエギ。エバーグリーンです。切れのあるダートが誰にでも出来るエギ。ただし値段が少しお高めなのが玉にキズ・・・。

ブリーデン(BREADEN) エギマル
エギマルは素人さんにはおすすめしません。使い手を選ぶ、シャクリに自信のある人用エギ。
ダイワ エメラルダス ダート
ダイワ(Daiwa) エメラルダス ラトル
icon
中にラトルが入っているのでアピール力が高い。秋の好奇心旺盛な新子には非常によく効く時がある。

何種類ぐらい持っていればいいのか?

集め始めるとキリがないのがルアー釣りの世界で100個持っていても新製品が発売されたらまた買っちゃう・・・。
初心者は最低どれ位持っていればいいのか?ではあるが私は10本から始めてほしいと思う。

3.5号で金・銀・マーブルの3種類かけるピンク・オレンジの6本を基本としてあと3号のエギ2種類、透明ボディーのエギ2種類の10種類あれば大体どんな場面でも対応可能。

ショアジギングとかシーバス釣りとかの他の釣りのついでなら2種類ぐらいでもいいが本格的にエギングを一日やるなら10種類ぐらいは欲しい。

-タックル

Copyright© エギングの基本知識と攻略法[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.